スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「微かなカオリ」的な想い

お邪魔します。

アラフィフオヤジにとって自分の子供達の世界だ(笑。
よろしければどうぞ。

ちなみに本家の、「レーザービーム」的な想い も読んでいただけると面白いかもしれません。

では。





「あれっ?、ストラップがない」

「おいおい、携帯で遊ぶなよ、これから練習だぜ。早く行かないと先輩に怒鳴られるぞ」

ランニングの準備をする親友に急かされる。

「わかってるって、おかしいな、何処行ったんだろ」

「え?あぁ、あのだいぶ前からつけてるヤツか?もういいいんじゃね?新しいヤツ買えば」
「それか、カノジョの品とか?なんか、ペアっぽかったよなアレ。でも、カノジョいたっけ?」

親友が悪戯っぽく突っ込んでくる。

「そんなんじゃないよ。ちょっとね」

そういって、どこで落としたか自分の行動を頭の中で振り返る。

「ちょっとって、何だよ」

絡んでくる友人をおどけて殴り、その場を離れようとランニングを始めた。

(どこで落としたかな?まだペアを渡せてないままなんだ・・・)

グラウンドを走っていると微かに悲鳴が聞こえたような気がした。
野球部の何人かがグラウンドの端の方へ走って行き、やがて先生が担架を持ってやってくる。

「ファウルボールが当たっちゃったんだ・・・大丈夫かな」

柔軟をしていると遅れてやってきた別の親友が、誰が運ばれたかを教えてくれた。

ザワッっと身体中の毛が逆立つ感覚。

「悪い、ちょっと行くわ。先輩に適当に言っといて」

「おいっ、待てよ、おーい」

親友の声を背中に保健室の方へ全力で走った。

------

焦る気持ちで部屋の扉を開け、中に入る。
ベッドに寝ているキミ。近づこうとして、キミの友人がいる事に気付く。
慌てる自分を見られた様で気まずくなりつつ、どう?とキミの友人に聞いた。

状況を聞いているとキミが痛っつと言いながら目を覚ます。
お互いの目線が合った。

「痛い?」と友人が声をかけた。何が起きたかを話している。

「大丈夫?」

声をかけた。

「こんな所で何やってるの?」

いつもの如く憎まれ口を返してくる。
ホッとした。いつも通りのキミ。
大丈夫みたいだ。

キミの口の悪さに友人が可愛くないとフォローしてくれる。
ははっ、いつもの事さと笑った。
キミが家が近いだけだと言う。
ボクも言う。そうだね、近いだけだね・・・。

キミが大丈夫そうなのを確認出来たから、友人もいる事だし部屋を出ようと椅子から立ち上がろうとするとキミが慌てて呼び止めた。

「ちょっ、ちょっと待って、グラウンドで拾ったんだ」

キミの手にあるのはボクの無くしたストラップだった。なんで持っているんだろう。思いがけない事に戸惑う。
聞けばこのストラップを拾う時、ボールが飛んできて当たったらしい。

何気に受け取ろうとしてハッと気付く。キミが拾ったんだ。
ストラップを受け取らず、キミに無理矢理あげて部屋を出た。

グラウンドに戻りながら、段々と気持ちが高揚してくるのを感じる。どうしても渡せなかったストラップ。
まさかこんな形で渡せるとはね。
どうなるか分からないけど、渡してしまったんだ。気持ちの盛り上がりに思わず叫んだ。


物心ついた頃からキミはボクの前にいた。一緒にいるのが楽しかったよ。
キミは自由で奔放なんだ。
キミに頼られる事が嬉しくっていつも一生懸命だった。
部活も入ったよ。でもまぁ同じ部活は無理だったけどね。
携帯は常に持ってる。

あの日、フラれたと泣きながら話すキミをいつまでも慰めてた。

いつの間にかキミを想うボクの気持ちは大きくなってしまっていて、本当の気持ちを言えなくなってしまったんだよ。

同じ高校に行く事が分かった時買ったペアのストラップ。渡そうと思ったけどできなかった。
渡したら、キミとの時間が終わってしまうような気がしてこわかったんだ。

キミにあげたそのストラップ、ボクの気持ちなんだ。

------

練習を終わらせ、帰る用意をし終えた頃、キミがグラウンドの横に出てきたのが見えた。頭に巻いた包帯が痛々しい。
気持ちを和らげようといつものようにおどけて「お姫様」と声をかけるが、キミは下を向いて微かにうなづくだけだった。

「なんだ、らしくないな。いつもみたいに上から目線じゃないじゃん」

と返してみたら、ストラップのお礼を言ってきた。
相変わらずやさしいね。ボクもやさしくなれるよ。
2人で夕暮れの道を歩く。
いつもと違い、後ろを黙って歩くキミ。

キミの持つ携帯についているボクのストラップ。

実はペアなんだよ。


気付いてくれたかな、ボクの気持ち。

微かな気持ち。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

映画化決定ですね!

君に届け の出演者でもいいですね~
いやいや、海荷ちゃんと佐藤健くんで行きましょう!
情景が浮かんできますね~
青春の甘酸っぱい香りがレーザービームのように突き刺さりますねぇ~
いいですね 2011年日本映画ですねぇ~
BGM 良かったですねぇ~
ぜひ、ご覧になってください さよなら さよなら さよなら

出た!

妄想文筆家の本領発揮ですねヽ(^▽^@)ノ
GAME-edgeさんの妄想力は、時を遡っていけるんですねぇ。素晴らしい。
きっとGAME-edgeさんの甘酸っぱい青春時代の思いでも混ざってたりするんでしょうねぇ(*≧m≦*) 
それにしても微かなカオリからここまで妄想広げるなんて、すごいですね。
レベルが違います。
きっと「レーザービーム」的な想いも素晴らしいんでしょうねぇ。
今から読んできます。

ファウルボールが当たった彼女、心配です。ちょっと痛いですよね・・・

2カ所を

こういう使い方するんですね。
2人の視点を変えて上手い事ガッチャンコと。
GAME-edgeさんって中田さんに負けず劣らずのロマンチストなんですね。

Re: 映画化決定ですね!

>セラミックおじさんさん
コメントありがとうございます。

> 君に届け の出演者でもいいですね~
> いやいや、海荷ちゃんと佐藤健くんで行きましょう!
おっ!いいですね~、監督。キャスティング決まってますよ、これ。

> BGM 良かったですねぇ~
やはりBGMがいいんで、綺麗にまとまりますね、監督。

> ぜひ、ご覧になってください さよなら さよなら さよなら
あら、やはりそうやってさよならなのね監督(笑。

Re: 出た!

>runrunさん
コメントありがとうございます。

たくさんのお褒めの言葉ありがとうございます。私なんかまだまだですって。
しかしrunrunさんにあまり褒められると何処かで落とされそうで怖いです(笑。
そういうrunrunさんだって、今妄想街道驀進中じゃないですか。
ストーリーは枝分かれしていきそうですし(笑。

> きっとGAME-edgeさんの甘酸っぱい青春時代の思いでも混ざってたりするんでしょうねぇ(*≧m≦*) 
いいえ、この記事位の年齢は暗黒の時代でしたから。あまり甘酸っぱい思い出はありませんねぇ~。
おっと、マジレスしてしまった(汗。

> 今から読んできます。
がっかりしたらごめんなさい。

> ファウルボールが当たった彼女、心配です。ちょっと痛いですよね・・・
ええ、確かに当たり所が悪いとシャレになりませんね。テニスボールでもよかったかもしれません。

Re: 2カ所を

>mtstさん
コメントありがとうございます。

> こういう使い方するんですね。
はい、渋谷の記事もそうですが、せっかく二つ書いてるんで、面白いかなと。二つ記事を書くんでちょっと大変な所はあります。しょっちゅうはできません(笑。
でも、読む人(ありがとうございます)は大変ですよね。二つ見なきゃいけないし。面倒だって怒られたらいつでも止めます。

> GAME-edgeさんって中田さんに負けず劣らずのロマンチストなんですね。
えへ。ロマンノチストと言って頂けるともっと木に登ります(笑。

こっち

なるほど、になりました(笑)。
上手いですね。

こういう使い方、素晴らしいですね。


Re: こっち

>ぱひゅろ~たさん
コメントありがとうございます。
レス遅くなりまして申し訳ありません。

> なるほど、になりました(笑)。
はい、こんな使い方もあります(笑。
前々からFC2は気になってまして、ちょっと試しにとブログ立ち上げたらあっという間に猫さんに見つけられこんなんになっちゃいました。
知ってました?ここ。

どちらのブログも私なんで、もしよろしければ両方見ていただけるととても嬉しかったり(笑。

あらためましてよろしくお願いします(ペコリ。

もう!

>あっという間に猫さんに見つけられこんなんになっちゃいました。

異議あり!(`´)ぷん!ぷん!←あ~ちゃん風
ここがこんなんなっちゃったのは、runrunさんのせいです(笑)

またご本家に繋がりにくくなっちゃってコメ遅れました。

きましたね~この表裏シリーズ(^^)/
これ、好きです(*^_^*)
ここまで来たら、パフュの全曲でこれやってくださいo(≧▽≦)o!!!!

でも今回の話は…
年甲斐がないです(黒笑)

ウソウソ、もう一度あの頃に戻りたくなりました(*^_^*)
そういう薬ください!
薬袋はあります(笑)

Re: もう!

>electrocatさん
コメントありがとうございます。

> >あっという間に猫さんに見つけられこんなんになっちゃいました。
>
> 異議あり!(`´)ぷん!ぷん!←あ~ちゃん風
> ここがこんなんなっちゃったのは、runrunさんのせいです(笑)
いやいや、見つけられたのもこんなんになっちゃったのも猫さんだと思うのですが…。

> またご本家に繋がりにくくなっちゃってコメ遅れました。
すいません、別に悪さしていないんですけどね~、なんででしょう。アメブロからFC2へ移れっていうことかな(笑。

> ここまで来たら、パフュの全曲でこれやってくださいo(≧▽≦)o!!!!
あはは、面白いですね。不自然/ナチュ恋なんかも面白そう。でも全曲やり切る前にこの世からいなくなってるかもしれません。
ただ、今回は黒笑されるようにギリですた。ハジュカスイです。自分で読めません(汗。

> そういう薬ください!
> 薬袋はあります(笑)
了解です。ふしぎなメルモちゃんのミラクルキャンディーですね。え~っと赤を3つですかね(笑。
ちょっと数がガチでした?

こんばんは

コメント遅かりし由良の助ですが…

本家とあわせて読ませてもらいました。
2つの視点、面白かったです。

瑞々しくて初々しいストーリー、アラフィフのおじさん(見た目は兄さんですが)が書いたなんて、言わなきゃわからないですよ~

GAME-edgeさん、乙女です。

おそろいのストラップとか…ロマンチック!きゃー
かわゆいです。悶々。

こーゆー気持ちを書けるって、素敵だと思います。本当に。

Re: こんばんは

>ゆりこさん
コメントありがとうございます。

> 本家とあわせて読ませてもらいました。
> 2つの視点、面白かったです。
本当ですか?それは嬉しい。
女性に褒められると木に登っちゃいますね~おっさんは(笑。

> GAME-edgeさん、乙女です。
えへ。
今回は、はっきり言って恥ずかしいです。自分で書いておきながら読み返せません(笑。
前記事にあるような暇な講習会(おっと言ってしまった)で時間がありましたんで、ちまちま書いていたものを一気に仕上げたのですが、我ながらよ~書くわと思いますた。

> おそろいのストラップとか…ロマンチック!きゃー
> かわゆいです。悶々。
ロマンティックありがとうございます。でも悶々はちょっと方向性が違うように思うのですが・・・。

> こーゆー気持ちを書けるって、素敵だと思います。本当に。
まぁ、こっぱずかしいのですが、頑張ってみました。重ね重ねありがとうございます。

ゆりこさんのお褒めの言葉だけが頼りです(笑。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。