スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと!

お邪魔します。

一ヶ月更新がないとブログのトップに関係の無い広告が表示されちゃいます。FC2め、やりおるな。

取り敢えず更新だ(笑。

一ヶ月も放置してしまったんだなぁ、いかん、いかん。
てな訳で、何かと忙しく書くネタがありつつも手を掛けられない時は画像を貼ります。
昔iPad用に作成した壁紙です。
1024dotx1024dotのPNG形式です。
もちろんiPhoneやiPodTouchにも使えますよ。
ちょっとクールにしたつもり(笑。

iPad_03.png

iPad_Imageのコピー

サムネイルなんでクリックしてからどうぞ。
Perfumeのこのロゴ大好きです。近未来を今でも感じさせてくれます。

忙しさの元(笑)、あと少しの輪番早く終わって欲しいですね。でも終われば上期レビュー、下期準備が待っていますんで、パフュのヌーシングルまでは忙しそう。
ヌーシングルその先のアルバムを頼りに生き抜くしかありませんねm。
でも待つのもまた楽し(笑。

では、明日からのお仕事頑張りましょう。


お邪魔しました。
スポンサーサイト

だから~ その2

お邪魔します。

言ってるでしょ。

シャレだって。



呼び鈴の回路にロジックICを3つも使ってしまった。当初の予定では呼び鈴は既存電話器の音を使う予定だったんですけどね。
とりあえず呼び鈴の動作検証は出来たぞっと。

次は音声認識です。アマチュア無線のVOXに使われる音声検出用ICを使ってみます。音声をトランジスタ一段で増幅させてICインプットしますが、電話器に使われるECM(コンデンサマイク)の感度がわからない為、思い通りの動作をする為にはちょっと苦労するかも。
カットアンドトライになります。ゲイン調整でキモい声に対応出来るかな(笑。

あと、実際に喋らせるモジュールのシーケンスももう少し詰めないと。


既にモンバスの時に受け取ろうなんて勝手な事をおっしゃっている方がおられますが、ハッキリ言いましょう。

無理です。

だって思ったより大変なんだもの(笑。
やはり作るからにはPFI.は妥協しません。

てな訳でブログも更新せず、お盆休みの空いた時間をハンダコテに費やすのであった。


もう、ねりゅ。


おっと、業務連絡。
こんなんです、フットスイッチって。手に入れてみました。
ツマミも普通に手に入りますよ。



お邪魔しました。

本当に寝よ。

リズム音痴に教えてほしい(ペコリ。追記 解決なり。

お邪魔します。

7/6追記。
解決しました!electrocatさんに「間打ち」というものを教えていただきました。
そんな叩き方があるんですね、知りませんでした。
詳細はelectrocatさんのコメント欄をご確認くださいませ。ガチマジレスの所ですよ!騙されないように(笑。
教えていただきありがとうございました。


ちょっと考えてこちらのブログへ上げる事に。
こちらの方が何となく絡んでいただけそうで。だって、人生経験豊富な方が多いですよね。

先週末、亡父の法要でいつもお願いしているお寺の住職に実家に来て頂き、お経を上げてもらいました。
住職も世襲で、ここの所息子さん(とは言っても結婚して子供もおられます)が主にお務めをされています。

法要も無事終わり、住職が帰られてから私達も自宅に戻って一息ついた所で娘が一言。
(この娘、洋楽大好きロックな娘です)

「お坊さんの叩く木魚、裏拍だったよね」

ですって。お経に対して木魚のポクポクが裏拍だったと言うんです。
普通は南無妙法蓮南無阿弥陀仏(浄土宗なんでこちらです修正)・・・の頭の"な"で叩いて行く表拍と思うのですが、"な"からではなく、次の"ん"で叩いているらしいんです。今まで全然気にした事なかったんでそうだったっけと話していたら、妻も娘と一緒で確かに"裏拍"だったと言います。
私は全く気付かず。

今まで、木魚って裏拍で叩く?なんて気にした事ありませんでした。
果たして木魚は裏拍で叩くものなのか、それとも若い住職がその年齢の通り若いノリで叩いていたのか。
来て頂いた息子さんのお父様はどうだったかと妻と顔を見合わせますが、お父様は表拍だったような気もするし、そうでない様な気もするし。

3人で話し合いましたが、結論は出ませんでした。
わかった事はお経に裏拍で合わせるのは難しいと言う事。

で、本当の所、どうなんでしょう。
木魚って、叩くお作法ってあるのだろうか。
宗派によっても違うのでしょうか。


やっぱり彼が若いんだろうか。


すいません、パフュと全然関係なくって。
私ね、娘に言われるまで裏拍だって全く判りませんでした。ちょっと寂しかったです。

ちなみに、その住職は挨拶のとき”Yo!”とは言ってませんでした。

ついでに法要の途中で眠くなってしまったのは内緒です。


お邪魔しました。



父も旅立ってもう6年。早いもんです。

皆様、いつも通り絡んでね。

ある女の子の微かなカオリ-prologue

いつもの通勤経路を歩く。

緩やかに下り、駅へと続く道。

これまたいつもの通りPerfumeを聴きながら歩いていると女子高生が早足で横を通り抜けて行った。
iPodを見る目を上げてちょっと離れたその後ろ姿を見ると、背中に背負ったリュックの口が空いている。

早足で歩く女の子。時々小走りになる。

背中のリュックが揺れ、中身が少しづつ出てくる。女の子はリュックの口が空いている事に気づいていないようだ。
とうとう何か落ちた。

もうすでに女の子との距離は離れていて、声が届きそうにもない。

体操服だった。

拾い上げて、小走りに女の子を追いかけ始める。
意外と早いな。もう少しスピードを上げた。やはり若い。おじさんを走らせるなよ(笑。
横に並びつつ、イヤホンを外して女の子に声をかける。

「ほら、落としたよ。リュック空いてるぞ」

突然知らないおじさんから声を掛けられビックリしたようだ。でもハイと渡された体操服に事態を理解した様で、

「あっすいませんっ」

と言って体操服を受け取り、リュックに入れて口を閉めた。
急ぐ気持ちに、突然の出来事で罰の悪さが重なったのか、何とも妙な顔しか出来なかったみたいだね。
毎朝の水撒きをしていたクリーニング店のおばちゃんが「良かったね」と声を掛けてくれたのを気付いたかな?

頭を微かに下げた女の子はまた駅に向かって走りだし、だんだんと遠ざかってやがて駅近くの人混みに紛れて見えなくなってしまった。

(やっぱりびっくりしたかな)

女の子の気持ちに思いを巡らしながら駅の入り口へ。

学校に着いたら友達に話すんだろうか、先程の出来事を。
出逢いのシチュエーションにしたら結構いい感じだよね。

残念ながら今回拾ったのはおじさんだったけど(笑。



今度落とす時は運命の神様が味方するといいね。
後ろからハイと声を掛けられて振り向いたらシャイな男の子だったらどうかな?
その時は笑顔で「ありがとう」も言えるように、おじさんは祈っておいてあげるよ。


そうしたら、ふわっと香るかも。

恋のカオリ。



今日の朝の出来事です。
女子高生の心の内以外はノンフィクションです(笑。

お邪魔しますで、しました。

PFI.ある日の会議室秘話(xPerfumeこぼれ話)

お邪魔します。


定時を過ぎたPerfume Factory Inc.の会議室。
今回のプロジェクト担当者二人が電気もつけず何やらヒソヒソと・・・。

A「おい、どうする、このプロジェクト」

B「ああ、かしゆフォンプロジェクトだろ。マズイよな」

A「今頃マズイって・・・あのASP9600チップの仕様、しっかり確認したんだよな?」

B「チップ採用時はしたんだろうよ。結果としてはしてないという事になっちゃうね」

A「そんな無責任なことを。だがなぁ、今更仕様を満たさないとは言えないしなぁ」

B「いや、厳密に言えば個々の仕様は満たしているんだ。ただメモリーに限界があって録音品質や録音時間を取ると、録音出来るメッセージの数が減ってしまうという事が判明したんだよ。つまり個々の性能が排他的っつー訳」

A「そうはいってもな、10個を8個に減らしたりとこちらからも無理を通して貰ってるんで、これ以上性能を落とすのはちょっとキツイな」
「かといって8個録音する為に録音品質を下げると、リアル感がなくなってオモチャっぽくなるし」

B「えっ?かしゆフォンってオモチャじゃないの?」

A「何言ってるんだ、このプロジェクトのマーケティング資料見てないのか?ターゲットは"M2"層以上だそ」

B「ええっ?そんないい大人がこんなオモチャの電話で、それも女の子が"イジワリュ"とか"ワケワカンニャイ"とか喋るだけの電話だぞ。何でM2層以上なんだ?こちらの方こそ訳わかんにゃいだ」

A「まだわかってないようだな。一見ただのおもちゃのようだけど、パそうけんの所長が直々に依頼してきたプロジェクトなんだぞ。その時点ですでに普通のオモチャじゃない訳よ」

B「ふ~ん」

A「パそうけんによると、このかしゆフォンはそもそも一ユーザーの話から市場先導で商品化決定されたらしい。だから必ず売れるはずなんだそうだ。しかし、同時にリアリティ、すなわち本物を求めているんで、中途半端なものを市場には出せないらしい」

B「はぁ、よくわからんな」

A「まぁな、しかしすでにバックオーダーを抱えているそうだ」

B「そうなの?なら今頃こんな事してたらかなりマズいっしょ」

A「う~ん、そうなんだが・・・。いや!そうでもないかもしれない」

B「でも、今更パそうけんにどう仕様ダウンを説明するんだ?」

A「いや、性能ダウンを説明しなければいいんだ」

B「どういうこと?」

A「うん、今よりもっと性能の良いチップが使えそうだ、納期は延びますが性能が一段と上がり、今以上の満足が得られると。ちょっと予算はオーバーしますがとね。このかしゆフォンプロジェクトは通常のプロジェクトに比較して必ず納期、予算に融通が利くはずだ」
「M2層はある程度の社会的地位があり、金銭的にも余裕がある。そこをついてチップ変更をを受け入れてもらおう」

B「予算オーバーはやっぱりマズイんじゃない?それにちょっとってそんな曖昧な説明でいいのか?」

A「大丈夫。購入者はいくらかかってもいいという人たちばかりらしいぞ。今回、安価な汎用型と工数比例の特注プレミア型の二種類用意したよな?どちらに注文が来てると思う?特注型が全体の9割以上だそうだ」
「購入者によっては、シャンデリア何とかという番組の小道具に使われていたこの電話にしてくれと指名がきているようだし、電話を持ち込みたいという人もいるようだ」
「納期の件はとりあえず心臓部のチップの写真あたり見せておけば大丈夫だろう。」

chip.png

B「そんなにすごいのか?このかしゆフォンって?」

A「ああ、よくわからんけどな。ファンとはそう言うものらしい」

B「そんなもんなんだ。なら、時間が倍になるISD17120チップに変更するか?」

A「う~ん、倍で120秒なんで、8種類だと1音声当たり15秒になるんだが、ちょっと短いかな」
「それに音声選択部分の回路を大幅に修正しないと無理だし」

B「なら、いっそのことメモリーカードを使うVS1003にするか?2GBで256音声までいけるぞ」

A「ああ、コストはかかるが、性能的にはベストだ。アルバムを無圧縮で3枚弱も入る容量だからね。メモリーカードだから、パソコンから直接書き込めるし」
「ただ、あのチップは現在のところ入手困難で、納期も不明なんだ。一応入庫したら連絡してもらうようにしてあるけどね」

B「納期かぁ」

A「とりあえずパそうけんから問い合わせがあるまで放置しとくかな。なんか言って来たら、現状のチップ性能の件は伏せて、ほどほどの性能向上が見込めるISD17120チップにするか、納期は遅れるが性能が大幅に上がるVS1003チップで行くか打ち合わせする方向に持って行くんだ」

B「性能向上を前面に出して変更ありきでいくわけね、了解」

A「ウチの社長は後者のメモリーカードのタイプで押し切れといってたけどな」

B「なんで?」

A「よく分からんが、女の子の声を変えたいらしい。ほら、メモリーカードを差し替えるだけじゃん。のっちフォンがどうのとか言ってたな」

B「のっちフォン?また変なのが出てきたな。上の人たち一体何をそんなに喜んでオモチャの電話に熱上げてんだろ」

A「パそうけんの所長もやたらはしゃいでるしな。・・・やっぱ、オモチャか?」

B「ああ、やっぱオモチャだよ」

A,B「・・・」

A「このプロジェクト終わったら転職しようかな」

B「ああ、そうだな。お互い身の振りを考えた方が良いかもな」


真っ暗になった会議室を出る二人。
夜の繁華街に消えて行く。


Ah、サラリーマン。

-------
チップの名称はガチです。納期もガチ(笑。
どちらがよろしいですか?
・ISD17120チップ
 再生、録音時間-120秒まで。音源はトータルで120秒以内であればいくつでも可能。
・VS1003チップ
 再生時間-2GBのメモリーカード(SDカード)に入るだけ。256個の音源を再生可能。録音時間は100時間

もっと詳しい仕様を知りたい場合はコメ欄よりどうぞ(笑。


お邪魔しました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。